Beyond‼

ある地方民の推し事の記録。

エーステ 夏組単独 8/25マチネ公演 感想

※この記事は9月に下書きし保存していたものをアップしております。あらかじめご了承ください。※

2019年8月25日(日)、「MANKAISTAGE A3! Summer 2019」AiiA 2.5 Theater Kobe マチネ公演に行ってきました!

 

全先行予約全滅、春組単独と同じく一般発売でなんとかチケットが取れて、席は3階席の上手2列目でした。1階客席中の演技や所々見えないところがありましたが、1回だけでも生で見られることに感謝しながら見てました。

 

てかもう夏組ちゃんたちかわいすぎ…さすが私の最推し組。中でもにぼし劇中の幸ちゃん、一々セリフが可愛すぎて!あとにぼしの衣装…幸ちゃんの絶対領域…(笑)崖から落ちそうになるとこはもっと見えるから、ひえええってなってた(笑)

スカイ海賊中はもうもう斑鳩兄弟絶対幸せになってーーーってずっと胸が痛かった(;ω;)と、同時に三角を生んでくれた両親が三角を虐げた事実はほんとに許せない…あんなに可愛いのに…意味がわからない(フィクションなのにまじおこ)「まどか、遊ぼう♪」はどこかで聞いたことある気がしてたんだけど、あれだ、アナ雪の雪だるまつくろうだ(笑)感じが似てるだけなんだけどね。あと念願の夏服解禁キタコレ!みんなもれなく可愛い…原作で見た時はちょっとダサいなって人もいたけど(笑)

にぼし、スカイ海賊団を通して、本田礼生くんの演じる三角って原作の廣瀬三角とはちょっと違うなーと感じた。本田三角はにぼしの時、幸と一成が主演準主演で悩んでるのに天馬が他人事っぽくなった時に、お兄ちゃんみたいに天馬を諭すんだよね。2人が悩んでるのは夏組みんなの問題、だからみんなでなんとかしよう!的な。私は三角ってあんまり他人のことに興味ない感じで、ぽわわんとしてるイメージなので、そこに違和感を感じたんだけど、それはそれでエーステの本田三角と思えば、夏組の他のメンバーと過ごすうちに、少しずつ変わってきたのかななんて。原作の廣瀬三角も、声のトーンが明るくなったり変化してる部分あるので。とかとか。本田礼生くんの三角好きですよ。全身で三角演じてくれてて、可愛いしずっと見てたい。スカイ海賊団のじいちゃんと幼少時の三角の一人芝居、本当に良かった!!!さすが本田プロって感じ(エーステでそう呼ぶな)エーステの三角見るたびに、本田プロの菊丸(テニミュ)生で見てみたかったなって思う。この話はまた今度にでも…

 

一つだけ言いたいことがあるとするなら、最初と最後のシーンどうにかならなかったのかなーと。最初のシーン(綴、咲也、天馬が次回夏組公演の会議中?)から残りの夏組メンバーが猫を探しながら客席から出てくるわけですが、天馬の「にゃーにゃーうるさーーーい!」っからの夏組メンバーの「にゃああああ!」でオープニング曲が始まるという・・・最初見たとき「え、こんな始まり方するの!?」ってびっくりした。春組単独の時は春組が監督に語り掛ける感じで「これからもよろしくお願いします!監督!」でOP曲、最後も同じように監督に呼び掛けて終了でいい感じにまとまりがあってすごく良かったなーって思って、私の中では印象的なシーンだったんだよね。さすがエーステ!って思ったし。夏組は最後の終わり方も微妙だったし「これで終わるのか」って感じもして・・・春組がすごくよくまとまってただけに、ちょっとそこだけ残念だったなーと思いました。秋組公演で改善されてるといいのですが・・・

 そういえば、肝心の客降りですが。最初、私のいる3階席は順当に行けば、天馬・幸ちゃん・一成が来る予定だったので、2階の下手に来るであろう三角を目撃するために2階下手を見てたら、3階の下手入り口から三角が現れて私混乱wでも私は上手席だったので、むっくんが来たからむっくんガン見するじゃん。今回花びらではなくて夏組の花火モチーフ?ってことで、銀テ砲を放って出てきた銀テを配ってたんだけど、むっくんからはもらえず、通路側の人に何人か直接配ってたかな。むっくん見てたら三角見る時間なくて瞬殺で終わったよねえ( ノД`)その後、前の座席の奥底にむっくんが落としていったものかわからないけど、青の銀テが落っこちてたので、公演が終わって前方席のお客さんがいなくなった後にすぐさま取りに行きました(必死か)だってどうせ掃除で取り除かれて捨てられそうだしな。

その銀テとグッズ。(ブロマイドかぶりまくりでどうしようぜ)f:id:spica5132:20191207215936j:image

  8月はフィルコレで2回、夏単で1回、計3回も神戸に行くという・・・翌月のカードの支払いが大変なことになっておりました・・・(なんとか生きてます)

エーステ フィルコレ行ってきました!

※この記事は9月に下書きし保存していたものをアップしております。あらかじめご了承ください。※

MANKAI STAGE 『A3!』Film Collction 2019 in KOBEに行って来ました!

 

最初は行く予定にしていなかったのですが、だんだん行きたくなって来て結局行っちゃいました(笑)劇中劇のフライヤーがもらえたり、グッズの再販も魅力的だったし。

春夏公演の上映会をまず観に行ったんですが、良すぎて後日秋冬、春単独をやってる日に2回追加で参加してきました。

 

まず支配人と迫田が舞台裏でセットや小道具を案内してくれるMANKAI STAGEツアーズ。時間にすると10分もなかったと思いますが、前半と後半に支配人、迫田が別れて案内をしてくれました。とにかく2人との距離がめっちゃ近いです。1回に大体20〜30人くらいを案内するんですけど、場所移動もかなり自由なので2人を至近距離で見たい方はバリバリ目の前に陣取れちゃうという(笑)1回目(春夏公演の展示)のツアーの時は、前半支配人だったんですけど、目の前に支配人!って感じのポジションになってしまったので、映像では分からなかった、手書きしている不精ひげに気づくという(笑)あと、支配人の田口さん、めっちゃ喋るのうまくて(さすが関西人)おもしろおかしくセットや小道具を紹介してくれました。

前半と後半の間に衣装が展示されてて、衣装を見終わると後半、迫田役の田内さんが小道具(夏組の劇中劇の大蛇や三角のおにぎりなどなど)を紹介してくれました。

個人的に衣装をもっとじっくり見たかったんですが、春夏の時の衣装はさらっと見る時間しかなくて残念でした。でも後半期間で行った春組単独の展示の時は少し時間を作ってくれてありがたかったです。

あと、ツアーの最後に、春夏秋冬公演で実際に使ったステージセットに立てたんですが、一番高いところだと3階席までかなり見渡せて、私は夏単独公演をこの神戸会場の3階席で見る予定だったので、「これわたしも見えんじゃん!最後の曲の振りとかちゃんとやらんと見える!」と俄然やる気になったのでした(笑)あと意外と階段が急でキャストさんはよくスタスタ降りれるなーって感心して(稽古するから当たり前)

支配人や迫田がめっちゃ身近に感じられてツアーすごく良かったです。なんかこの2人がいるんなら、劇団員たちも本当に現実にいるんじゃないのみたいな感覚に(笑)

 

上映会前は前説として迫田アンド支配人の「天パヤンキー」の漫才が見れました!春夏、秋冬、春単、全て行きましたが、全部ネタ違ってた!そしておもしろい!(笑)秋冬の時は暗転した中、迫田が客席の後ろの入り口から登場してきたのでびっくり!ちょうどその時通路側の席だったので、サって人が通り過ぎたので「え!?」ってびっくりしたら、迫田だったという…春夏OPの時の咲也の1人語りを面白おかしく真似してて、ヤラレターって感じでした。あと、春単独公演上演前の漫才で、迫田が支配人のことを「よく見るとイケメンだし、標準語喋ってるけど関西出身だし、へっぽこな役してるけど高学歴だし」っていじってて面白かった(笑)しかもそのあと支配人が迫田を端まで追い詰めて「マジでやめろよ」みたいな笑ってるけど本気で怒ってる感じがまた面白かった(笑)

 

そして改めて春夏、秋冬、春単独を見直して…あーエーステに出会えて良かったなあと(;ω;)何度見ても面白いし色褪せないし…何度も感動して泣きそうになってしまった。当時はそこまでだった記憶が、あれこんなに泣けたっけ?って。春夏は父親に劇団所属がバレて、天馬が戻ってこれないかもってなった時に、三角の三角定規持つ手が震えたりとか…私気づいてなくて…三角も不安だったんだなあって。新しい発見があったり、夏組単独前に振り返ることができて良かったなと思いました。

上映が終わったあと、また支配人と迫田が出できてくれて、この後お見送りとフライヤー配りますねーって挨拶して、そのまま客席通ってロビーに準備しに行くんですが、春単独上映回、運良く通路側取れて支配人の田口さんとタッチできました!てか、支配人が通り過ぎた時ふわってすっごいおしゃれな香水の香りしてクラクラした(笑)会場入ってたまにふんわり香ってた香りと一緒だったので、田口さんの香水なんだろうか…支配人は香水とか絶対使わなそうだけど(笑)やっぱ田口さんはイケメンだ(笑)

 

そんなこんなでフィルコレ行って良かったです!8月、夏単独も含めて3回も遠征してしまって、懐がやばいですがね(;ω;)w

滝口さん

エーステ春夏公演で滝口さんを知って、滝口さんの演技や打ち上げ配信での人となりを見て、すごく素敵な俳優さんだなってとても印象が良くて、滝口さんの雄三が好きでした。

春組単独で念願のエーステ初観劇で「雄三さん見れるぞ!」って思ってたら、雄三さん出てなくてすっごく残念だったけど、夏組公演で見られた時は本当に嬉しかった。カテコ前のコールアンドレスポンスも滝口節というか、あの「声がデカイやつが一番芝居がうまい!」がすでに浸透してて、滝口さんが言おうとすると監督みんなクスクス笑い始めて「おい、俺はまだなんも言ってねーぞ?」って困ったように笑うってのが定番になってたよね。ありがたいことに神戸1回、凱旋1回の計2回生で見られました。あとライビュも。

春組単独公演後、私は急速にテニミュにハマり、その頃やってたニコ生放送で大石を演じている滝口さんを見ることがてきたんだけど、今じゃ考えられないくらい初々しい演技で、ずっと可愛いなーって微笑ましく見てました。テニミュ卒業後、いろんな舞台やテレビに出られて、活躍されたからこそ、あのどっしりしたエーステでの雄三が見られたんだなって、ますます好きになったんです。

滝口さんをしっかりと覚えたきっかけはエーステだけど、私、その前に舞台犬夜叉の映像で滝口さんを見てたんですよね。弥勒と雄三さんって役柄が全然違いすぎて、全く気がつかなくて…それに気づいて、金爆のキャンさんと滝口さんっていう好きな人同士が共演してるって点でもますます好き要素が大きくなった。一番に推してるわけではなかったけど、間違いなく応援している俳優さんの一人だった。今回のことがあって犬夜叉を副音声付で見直したんだけど、ここで言ってたんだね「声のデカイやつが一番演技がうまいしおもしろい」って。元々共演者の小林健一さんからの教えだったみたいですね。それをエーステでも言ってたみたい。ほんと滝口さんいい意味でずるいなあ。

来年予定されている秋組単独公演、初めて最速先行でチケット取れて、また雄三さんに会えるんだなって、本当に本当に楽しみにしてました。

 

なのに。

15日の朝起きて、スマホ見たら、通知設定にしてる立石くんのつぶやきの内容に、たっきーさん、お悔やみ?へ?どういうこと?って、検索したら滝口さんのことで…

本当に未だに信じられなくて。出勤前に共演者のTwitterのメッセージ見ながら、ひとしきり泣いて、なんとか仕事してきました。

その日はずっと滝口さんのことが頭の中から離れず…何か出来ないかなってTwitterをさまよっていたら、滝口さんとテニミュなどで共演されていた八神蓮さんが滝口さんへのメッセージを募集されていたので、本当にありがたくメッセージ送りました。 

ご家族も所属事務所も突然のことでまだ整理がつかないのかもしれないけど、ブログのあの報告だけだと、とてもとてもやりきれなくて…何かしたいけど、一ファンのわたしには力がなくて、もやもやしていたところに八神さん、本当に本当にありがたくて嬉しくて…でも、滝口さん本人に直接手紙で伝えられたら、どれだけ良かったか…夏組公演で手紙書きたいなって思ってたけど、日常のゴタゴタでなかなか書く余裕がなく、手ぶらで行ってしまったこと、悔やんでます。

滝口さんに出会えて本当に良かったです。絶対に忘れません。これから少しずつ、滝口さんの過去の作品見ていきますね。滝口さんの意思は今まで共演された俳優さんがしっかり引き継いで行ってくれると信じています。

 

(フィルコレや夏組公演の感想を下書きに保存したまま、まだアップできていませんが、滝口さんへ何か思いを残したく先にこちらを書きました。まだまだ事実を受け入れがたく、滝口さんのことを思い出さない日はありません。しばらくして落ち着いたら加筆して更新したいと思います。)

 

 

 

エーステ 春単独2019 4/30マチネ感想(6/2千秋楽ライビュ感想もあり)

 

2019年4月30日(火)「MANKAISTAGE A3! SPRING2019」天王洲銀河劇場、マチネ公演に行って参りました。

 

原作アプリゲーム「A3!」メインストーリー第一部、第二部、各組単独公演全て拝読済というガチ原作厨な為、舞台化も早い段階で知っていたのですが・・・春夏はスルーしちゃったよねえ。元々2.5次元、苦手だったし、どうしても原作と見た目とか比べちゃうからね。そんな私がなぜ春組単独に行ったかって?

年明け、ニコニコ生放送で放送された春夏公演(東京初日)を見てハマってしまったんだなあ・・・百聞は一見に如かず。シトロンと幸ちゃんがまんますぎた。あと、あの運動お化けな三角を演じる本田礼生くんすごい。三角の登場シーンでのアクロバティックな動きには本当に驚きました。すごく軽い気持ちで見たら予想以上におもしろくて、なんで公演見に行かなかったのってほんと後悔した。あの膨大な春夏ストーリーをきっちり3時間でまとめてるし、ちゃんと劇中劇もしっかり見ごたえのあるものになってて。

春夏公演はさらにDMM配信で春夏の京都千秋楽を見て、秋冬公演もWOWOWの生放送で見て、どんどんエーステにハマっていき、今に至ります。

春組単独公演は最初大阪公演に行く予定でしたが、先行予約でまったく当たらず・・・

一般発売でGWの中日狙いを定めてやっと取れたといった感じです。

 

まず初めて行った銀河劇場。3階席だったんですが、予想以上にステージが見やすくてびっくり。それだけ、どの客席からもステージに近い劇場ということで、チケット取れにくいのも頷けました。ステージだけで言えば3階席でも十分楽しめる劇場です。ステージのはしや客席に降りてしまうと全く見えないこともありましたが・・・、それは円盤やライビュで補足できるから仕方ないと諦め。

 

そして春組単独始まりました。

早速一人で出てくる咲也。客席に監督と話をしていると、続々と春組メンバーが出てきます。咲也と監督が二人っきりなことに嫉妬する真澄、二人を茶化すシトロン、咲也に負けじと俺と二人っきりになろうって言ってくる至さん、次回作について監督と話したいんすって綴、こんな感じでワチャワチャ監督の取り合い・・・あーお前らかわいすぎか!って思いました(笑)そして、音楽が流れてオープニングが始まり、そこから目の前のMANKAI STAGEにずっと圧倒されっぱなし。

演出面で特に印象に残ったのは第一幕での至さんと真澄が格ゲーで勝負するシーン。手前ではゲーセンのゲーム機を操る至と真澄、後ろではカーボーイ姿の万里と侍姿の紬がおり、その2人を至さんと真澄が操作して戦わせているという演出。紬役の荒巻さんの刀さばきがすごくかっこよくて見入ってしまった(刀ステ出てるしね)。そして、そのうち手前の至さんと真澄も同じように銃と刀を持って戦い始めるという・・・憎いこの演出。すごく良かったなあ。

あと、青年アリスの劇中劇の時に、帽子屋の至さんがお茶会を開くんだけど、そのお茶会の道具(テーブルや小道具)を運んでいる黒子たちを指揮しながら出てくるところ!でも、この時スポットライトはアリスと白うさぎたちのところに当たってたから、おそらく劇場にいる人しか見られない・・・ライビュでも映るかなと思って期待したんだけど、映らなかったので円盤も期待できないかも。特典の全景映像なら見られそう。そこの至さんの指揮してるとこがめっちゃかわいくて・・・こういうカメラが映してないところに注目できるのも生で見られる醍醐味だよね。あと、青年アリスと王様が友達になって、王様が「国民全員に10連休!」って言ったのすごい笑った(笑)連休中に行ったからリアルタイムすぎて(笑)今回、花咲学園の制服姿の真澄と咲也見れたの嬉しすぎた。あと至さんの薄ブラウンのスーツね(笑)スーツかっこいいなあ至さん。(春夏なかったよね?あったらすみません)

第2幕のねじまき。ゲームのねじ巻き編を予習してきてたので、絶対これ泣くやつ!とハンカチも手元に用意してたんだけど、お腹すきすぎて集中できなくて泣けなかった(おい)それよりも隣の人が劇中劇の前の綴と水野の回想シーンで号泣してて、「お、おう」とびっくりして逆に涙ひっこんだ感(人のせいにするな)ねじまきはライビュで見た時のシトロンの演技に泣きそうになったよ。綴との漫才後、「過去をひきずるのは良くないよ」って水野のことについてシトロンが綴に言うんだけど、「それ俺の漫才のやつ」って綴が気づいて「やっと・・・気づいたね」って泣きそうな、でもすごく優しい笑顔で言うんだよ。なにあのシトロン、やめてよ泣いちゃうって思った・・・

ねじまき公演が終わると、また最初のシーンみたく咲也と二人っきりになる監督、それにまた嫉妬する真澄(以後最初と同じ)・・・でまた俺たちを咲かせてください、監督!でEDになるわけだ。*1

最初と最後同じ演出でやられたよ・・・5人が尊すぎる。

そして、私はとてもドキドキしていた。この後の客降り。

ツイッターの情報で3階席には下手咲也、センター至さん、上手綴が来ると・・・

私の席は上手、なんと通路側。いつ来る、いつ来る?ってドキドキしてたら後ろのドアが開いて、綴がキタあああああああ!!!!ドア前でお手振りしたあと、すぐに前の方に行って下手のバルコニー席にも挨拶。そしてそこで振り返ってブワっと花びら巻いた!(私のところには振ってこなかったTT)そのあと後ろの通路を通って他のブロックの人たちにも挨拶したあと、またドア前でお辞儀してあっという間に行ってしまった!

いやーーー、綴スタイル良すぎ。かっこいい。笑顔かわいい。結局ハイタッチとかはできなかったけど、あんな近くで姿を拝見できて貴重な経験となりました。綴見るのに必死で至さんと咲也、チラ見しかできなかった・・・(観劇後、しばらくして私の推しは至役の立石くんになるのですが、もっとちゃんと見とけばよかった)

綴が去ったあと、綴が落としていった花びらを即取りに行きました・・・だって花びら欲しかったんだもの・・・その花びらがこちら。

f:id:spica5132:20190728220907j:image

大事にパンフレットに挟んで保管しております。

 

その後6月2日の千秋楽のライビュも観に行きました。東京凱旋で最後に1曲追加あるんだろうなあと思っていたら「Sping has come!」キタコレ!ショートバージョンだったけどエーステの春組が歌ってるのが尊すぎる。最後にライビュ会場だけの特典映像で春組5人がカメラの前で監督たちにメッセージ送ってくれたんやけど、それも5人だけの画だったからめちゃくちゃ良かったな。すごい近かったし。春組のあとには夏組の5人だけの映像も流れて、次の夏組単独の意気込みで天馬が「最高の夏にしてやるから、絶対来てくれよな!」みたいに言うんだけど、私、心の中で「行くからチケットください(号泣)」ってつぶやいてた・・・(結局すべての先行で落選・一般でゲッツしましたが)

ライビュで日替わりだったんだーって気づいたところがあって、紬がマシュマロについての本を読んでいて「マシュマロは圧力に弱いから、圧縮させると0カロリーになるんだって」って相手(誰か忘れた)に言ってて、「0カロリー話がついてエーステ界隈まで!」と笑った(笑) 

 

チケット取れなかったから今回初めて一般発売チャレンジというものをインターネット時報を聞きながらやってみたんだが、心臓に悪いね(苦笑)取れたから良かったけど・・・どうやったら先行で用意されるお客になれるんだろう。

 

チケットの話は置いておいて。エーステの春組、本当に大好きになりました。

ぶっちゃけ私は原作のA3!はとにかく夏組ーて感じで、あとは曲のかっこよさで秋組、冬組のCDは買ったりしてたんだけど、なぜか春組にはそこまでの興味が沸かず・・・しいて言えば至さんかっこいいよねって感じだった。それがエーステ見てから、めちゃくちゃ大好きになったし、相乗効果でA3!の春組も好きになった。

特にシトロン。私、褐色肌のキャラって苦手だったんだけど、エーステの古谷シトロン見てから、シトロンの印象が変わって大好きになってしまった。また、古谷くんのシトロンがまんますぎるんだよね。シトロンの本物がいるって思ったもん。

今度、各メンバーについての感想も追加で書きたい。とりあえず今回はここまで。

春単独公演の円盤、予約したんですけど、11月って・・・遠いなあ。

*1:フィルコレで春単独見直したら、「咲かせてください」ではなく、「俺たちをよろしくお願いします!監督!」でした。

ハイミュ2 4/28 千秋楽 感想

f:id:spica5132:20190728185245j:image

2019年4月28日(日)「王室教師ハイネTHEMUSICAL2」神戸国際会館こくさいホール、千秋楽ステージを観に行ってきました。

 

まずハイミュは2年前の無印も観に行ってたので、2回目の観劇。

元々レオンハルト役の廣瀬くんが目当てでハイネと出会い、アニメ、舞台、劇場版と一通り観てきました。

廣瀬くん以外にも他の出演者の方も素敵な方が多く、楽しませてもらっていましたが・・・

特に今回は前回より舞台のチケットの売り方が良く思えず・・・まず、楽日だけ別日程の先行にしたり、また円盤購入者限定先行とか、よくある売り方なんですけど、今回は劇場版アニメを見に行った人しか買えない劇場版のディスク(1万円)の購入者のみが楽日の最速先行に申し込める・・・とか。神戸楽日しか行けない私にとっては、ほんとやきもきして・・・結局仕事でそれどころじゃなくて、プレイガイドの先行予約も申し込みそびれて、やっと申し込めた見切れ席の先行は落選するし・・・

前回も自分で申し込んだ先行予約、見事全部はずれて、知人に譲ってもらって観たので、「今回もやばそうだなあ」と覚悟して挑戦した一般発売。あっさり取れてビックリ。蓋を開けたら割と最終日までチケット残ってたというね。あんまり変な売り方すると本当にお客さんいなくなっちゃうよ・・・

アニメも出演者も本当にいい作品なんだけど。運営の売り方がなあと。

いろいろ考えるところはありますが、やはり推しの姿を見たいので千秋楽を見てきました。特に廣瀬くんは最近声優のお仕事が多いのでなかなか姿を見る機会が少なくなってしまってさみしい限りです。(また舞台やってーTT)

 

そして感想ですが、見に行って良かったーーー!!!!

あんなに廣瀬くんの殺陣を見られるとは思わず・・・廣瀬くんの殺陣めちゃくちゃかっこいんですよ!!!特に私は薄桜鬼で廣瀬くんを知ったので、殺陣を生で見てみたいとずっと思ってて。それがあの西洋が舞台のハイネで見られるとは・・・まあ、刀ではなくフェンシングの剣なんですけど。もうずっと双眼鏡で見てました(3階席だったもので)

ハイネってものすごくミュージカルですよね。アンサンブルの人たちもいて、歌もすごく豪華だし。あと内容が最初、劇場版アニメの再現というかダイジェストみたいなとこがあって、ぶっちゃけると劇場版アニメはおもしろかったけど、わざわざ映画館まで足を運ぶほどではないかなと思っていたんです。でも劇場版アニメを見ていたからこそ、そのダイジェストが胸に響いてきて、合唱のところなんてうっかり泣きそうになったり(うっかりて)

とにかく行くまでいろいろあってやきもきしたハイミュでしたが、最終的には行って良かったなーと思いました。

終演後、そそくさと会場を出てきてしまったのですが、あとで円盤予約しとけばよかったなと。会場特典つくしねえ。廣瀬くんの殺陣保存しておきたい。

 

ちなみに劇場版の特典は実写の双子ちゃん、ロイヤルシートの招待券はハイネ先生でした・・・推し来なかった(チーン)

キャンさん34歳のお誕生日おめでとうございます!

キャンさん、34歳のお誕生日おめでとう\(^^)/

 

今日は私の最推し、喜矢武(喜屋武、キャン)豊様の誕生日でございます!

キャンさんおめでとう( ´ ▽ ` )ノ

やっとキャンさんの誕生日覚えたよ!()

 

キャンバライブも配信で楽しませてもらいました!

仕事終わりで飛行機乗ればギリ行ける日だったので、見に行こうか本気で迷ったけど、かなり体力的にしんどいので諦めました(;ω;)20代なら行ってたかな…(´-ω-`)

でもでも、ほんと素晴らしかったな。キャンさんがみんなを喜ばせようとほんといろいろ考えてくれたのが分かる内容でしたねー。

特にビックリしたのはSHIRANAMIで共演した早乙女太一くんがゲスト出演!

殺陣めっちゃかっこよかった( ;∀;)

弁天小僧と忠信利平の殺陣だよ!

生で見られたら最高だったろうな。

それでも配信で見られたから嬉しかった!

あとあと、ラスト2曲最高だったね( ;∀;)

ドンマイのアコギ演奏は見たいなと思ってたからほんと嬉しかった。しかも弾き語り。そして、やっぱりいい曲だなーと聴き入ってしまった。きりゅいんさーん!(アフタートークにて登場したねw)

極め付けはラブデイズのVR喜矢武豊!!!

あのイベントの為にわざわざ撮影してくれたのかと思うと(;ω;)相手のファン役がダッチワイフだったのはアレだったけどw

きっとこれ、うぱダルもやってくれるんじゃないかな!絶対作ってって要望きてるはず!私、きりゅいんさんの時に他のメンバーもなにとぞよろしくお願いしますってお願いしちゃったもんなw

ファンの声ちゃんと聞いてくれる金爆メンバー、最高やん(;ω;)

 

あー早く4人に会いたいねー!

ちなみに今度の全国ツアーは香川、長崎、山口参加決定しとります(^-^)

あと行きたいのは11月3日の神戸だなー。チケット取れますように。

 

まずは今度の日曜の月刊ゴールデンボンバー楽しみにしとこう♪

 

ゴスペラーズ W2N2@佐賀市文化会館

f:id:spica5132:20190128005757j:imagef:id:spica5132:20190128005806j:image 

ゴスペラーズ坂ツアー2018~2019

“What The World Needs Now” @佐賀市文化会館

2019年1月27日(日)

行って参りましたー!寝なきゃいけない時間だけど、勢いで書いちゃう!

 

うん、実はW2N2アルバムを開けて、じっくり聞いたの、今年になってから。そして、インディスのMVを見たの今日のライブ直前、「そういえばサビで振りがあるって言ってたよな」って思い出して・・・

てぐらい、私の中でゴスの占める割合が低くなっておりまして・・・

まあ、残りの大半を何で占められてるかは、他記事読んで頂ければすぐにお分かりになるかと(丸投げ)

そして、こんな応援度なのに5列目っていう良席・・・ありがたや><

いやー、もう。メンバーと目があって仕方ねえ・・・いい意味で心臓に悪い(笑)

特にユタカさんはがっつりこっち見てくるから、視線恐怖症陰キャな私はすぐにそらしてしまう(笑)でもでも、肉眼でバッチリとメンバーの表情が見られるのは本当にうれしい。

あと、今回初めて黒ぽんのグッズ挨拶に参加してきました!

感想見る限り「こんな近くで黒ぽん見られたの初めて!」って感じだったから、そんな近くで見られるのかーって、試しに言ってみたらその通りで。

「こ、こんなに近くに黒ぽんがいる!!!」って感じでした(笑)

まだメイク前でかなり素な黒ぽんだったけど、これはファンにとったら嬉しいサービスだなーって思いました。

グッズ挨拶最後に「率直に言うと、今日は満席ではありません(笑)ですので、皆さんの声援が力になりますので、応援をよろしくお願いします!」と言われていて。

その時は「当日券もあるし、売り切れていないんだなー」みたいに感じていたんですけど、ライブ終わって後ろ振り返ったら、1階席後方のサイドががら空きで・・・2階はいなかったんじゃないかな。ライブに定評があるゴスでも地方だとそうもいかないのかな。私も今回、地元の福岡が日程的に参加できないので、日曜の佐賀に参加することになったわけなんですが、日帰りはやっぱりしんどいねえ。でも動員がないからって来なくなる(収益的に次回小さい会場になる可能性はありますが)、ゴスではないと思っているのでそこはまた期待したいかな。自分の住んでる街に好きな歌手がくるって特別だもんね。

 

続きからネタバレ行きまーす!

 

続きを読む